胃下垂・腰痛・肩こり・うつ・統合失調症・不安障害・ストレス でお悩みの方, ご覧ください.

  • mushin@depressive-cbt.com
今すぐお電話ください !!

080-1355-3318

2017-07-22 変形性股関節症が 僅か30分 で治った奇跡

Byadmin

2017-07-22 変形性股関節症が 僅か30分 で治った奇跡

はじまり

2017年7月22日(土)熊本県益城町の仮設にて、ボランティア活動による無料施術を行った.

本日最初のお客様(女性・50代)の症状は、変形性股関節症、臼外形成不全、変形性膝関節症の3つの障害を長年患っており、県内の病院に長年通院されているが、医師からは手術をするようすすめられており、あとは本人の決断のみとのことであると言う。

 

二次性股関節症の進行期の症状に該当すると思われる.

ヒアリングで話しを聞くと、初期はこんなに酷い状態ではなく、次第に症状が重くなっていったと言う.

 

症状

1)歩行時に股関節、及び、右膝に痛みが生じている.

2)正座ができない.

3)食事をする時にも足を伸ばさないと座れない.

4)外出困難.

5)上記症状により軽度の気分障害が見られる.

検査

1)骨盤

・前後・左右・上下の位置(ズレ)確認.

 

2)股関節・仙骨間接

・位置(ズレ)確認

・機能確認

・可動域の確認

 

3)右膝

・機能確認

・可動域の確認

 

4)脚全体

・両脚の長さ、形状、機能の確認

・可動域の確認

・歩行時の可動状態確認

 

骨盤の前後の左右ズレがおよそ2cm、上下差がおよそ3cm、脚の長さが左右差がおよそ3cmであり、左脚が右脚に比べて約3cm程度短いことが解った.このズレにより脚を支える骨盤、及び、股関節が変形し、臼外形成不全を起こしているものと推測される.

 

施術

ここから施術をはじめます.

 

胃を元の正しい位置に戻す

まずは、長尾ヒーリングにより胃を上げます.

思ったとおり胃はかなり下垂しており、胃を上げました.これにより、胃が正しい位置にあれば他の臓器も正しい位置に戻り

ます.そして、胃を上げることによって、病気を予防することも寛解に達することも可能です.

 

血流を改善します

大腿部下肢動脈、及び、上腕部上肢動脈 の血流を改善します.これは、下垂した胃により血流が悪くなっていたことによる

改善の為の処置です.血流改善により全身の冷えや痺れが解消されると共に顔色が良くなってきました.

 

頬骨・坐骨・骨盤を元の正しい位置に戻す

頬骨・坐骨・骨盤の左右のバランスが崩れており、これを長尾ヒーリングにより左右バランスよく正しい位置に戻します.

これにより、骨盤が正しい位置に戻るので、右足、左足のバランスが取れるようになります.

 

背骨・頭骨を元の正しい位置に戻す

最後にや頭骨を元の正しい位置に戻します.これにより、頭から足さまでの調整が完了です.

 

肉体細胞の調和を図る

人の身体には約60兆もの細胞があると言われています.この一つ一つの細胞には命があり、意識があると言われております.その60兆もの全細胞集団に対して、調和することを促します.これは、ことだまによるヒーリングを行いました.

 

関節調整法による股関節調整

1)長尾ヒーリングによる股関節調整を行う.

2)股関節を手技により調整する.

 

関節調整法による膝関節調整

1)股関節調整により膝の痛みが軽減されていることを確認する(機能・歩行確認)

2)上記1)完了後、膝の調整を行う.

3)膝関節の機能を確認する(機能・歩行確認).

 

施術結果

施術後、以下の確認を行った.

1)股関節・膝関節の確認

→ スムーズに座位から立ち上がることが出来るようになった.

→ 正座による違和感の確認がないことを確認した.正座が出来るようになった.

→ 左膝の機能を確認し、痛みが無いことを確認した.

 

2)歩いてみる

→ 成人女性の歩幅で普通に歩行が可能となった.

→ もも上げ時の痛みもなく軽快な動作が出来るようになった.

 

3)立った姿勢から座ってみる

→ 立位から座位への違和感、痛みが無いことを確認した.

→ 立位から正座の姿勢を取る場合でも違和感、痛みが無いことを確認した.

 

4)座った姿勢から立ち上がり歩いてみる

→ 座った姿勢から立ち上がる際の違和感、痛みが無いことを確認した.

 

5)その他

→ 猫背の調整を行った.

→ 両腕共に一直線に伸ばすことが出来るようになった.

 

結論

長尾ヒーリングと関節調整法により、これまで長年に渡り制限を受けていた股関節、膝関節の痛みが消失し、機能の回復が図られた.これにより、日常生活での制限が無くなった.

1ヶ月程度、日常的に軽く歩行を行うことや、これまでの制限された動作を改める様、生活改善することをすすめた.

 

最後に

何十年も苦しんできた変形性股関節症、及び、膝関節症がすっかり元通りに機能が回復したことにより、お客様は大喜び.

喜びのあまり涙が・・・.彼女がこの部屋から出て行く時の足取りは軽快そのものであった.

今回の施術は、病院でも治すことが出来なかった、症例を完治のレベルまで行うことが出来たことは正に奇跡である.

あとは同じことを繰り返さないためにも、生活習慣や日頃の感謝の気持つことを彼女自身の問題として改善出来ることを祈るばかりである.

 

ちなみに、次の日、彼女は地元の盆踊り祭りに参加し、盆踊りを踊ったということを聞いている.

なんとも不思議なことが僅か30分程度の施術で完治した貴重な症例となった.

 

夢心庵

院長 竹本聡

About the author

admin administrator

Leave a Reply

Translate »