MacBook Air 13でFreeBSDとのファイル共有とSSH接続を試してみる

Home » 9300. Mac » MacBook Air 13でFreeBSDとのファイル共有とSSH接続を試してみる
2012-11-18 9300. Mac 2件のコメント

こんばんは。

Mac Air 13を購入してからすっかりMac Airに嵌っている訳ですが、やっぱりFreeBSDとファイル共有出来ないと不便この上ないということでして、なんとかしないとね。とは、言ったものの。さてどうしましょうか?sambaの様なものがあるのか無いのか?そのあたりから少し調べてみました。


Linux ブログランキングへ


さて、Mac OSXとFreeBSDのファイルを共有するためにはどうすれば良いでしょうか?
Windowsであればsambaを使うことになりますが、僕の古い知識の中にはnetatalkが思い浮かびました。はたして、Mac OSXでnetatalkが使えるかどうかは分かりませんが、取り敢えず、自作2号機のFreeBSD-9.0にnetatalkをインストールしてみることにしました。

インストールは /usr/ports/net/netatalk よりインストールしました。

/etc/rc.conf は以下の様に設定してみました。

12

36

Finderで接続したところが上のキャプチャです。この様にMacBook Air 13 からFreeBSD-9.0へ接続できました。

また、MacBook Air 13からSSHによる接続も簡単に出来ました。

40

取り敢えず、これでMac OSX Lion から簡単に自作2号機へのアクセスが出来る様になりました。

あと、僕が気になっているのが、これです。
netatalkにより自作2号機でAFPが実現出来きた事により、netatalk をプリントサーバにしたり、ルーターとして動かしたりすることによって、もしかしてAirMac的な事が出来るのではないかと思ったりするのであります。まぁ、このあたりの話はもう少し調べてみないとなんともなぁ、という感じです。

では、今回はこのへんで。

2 Replies to “MacBook Air 13でFreeBSDとのファイル共有とSSH接続を試してみる”

  1. netatalkのプリントサーバ機能やルータ機能はAppleTalkをベースにしたものです。
    現在のOS XはAppleTalkを廃止しており、ネットワーク機能は全てTCP/IP上で動作します。
    OS Xの印刷機能はTCP/IPベースなので、netatalkを用いる必要はありません。普通にTCP/IPベースのlpr, lp, IPP, SMB等で印刷できます。
    ルータも普通のTCP/IPのルータが必要なのであって、netatalkは関係ありません。
    OS Xからnetatalkへのファイル共有はAFP over TCPが使われています。大昔のAFP over AppleTalkはもはや使われません。
    OS XからsambaへSMB接続することも可能ですが、これはお勧めしません。

  2. HATさん、こんばんは。
    こちらの不勉強で丁寧なご説明を頂きありがとうございます。
    AppleTalkは既に廃止されていたのですね。私の古い知識の中では、未だ AppleTalkが生きているものだと思っていました。
    AFP over TCPなんですね。
    なるほど、理解が深まりました。
    HATさんのブログで勉強させて頂きます。
    どうぞ、今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です