僕だけのクラウドサービス ownCloud 8.0を使ってみるよ(3)

Home » 9300. クラウド サービス » 僕だけのクラウドサービス ownCloud 8.0を使ってみるよ(3)
2015-04-05 9300. クラウド サービス コメントはまだありません

こんにちは。

今日も昨日に引き続きowncloud について書いてみようと思いますが、昨日までは主にowncloud の概要について書きましたので今日は少し具体的な話題としてowncloud と 僕のiPad Air の連携について書いてみようと思います。

テーマはiPad Airの「カレンダー」と「連絡先」をowncloud と連携すると言う内容です。連携と言うと少し難しいと思うかもしれませんが、設定は至ってシンプル、簡単ですのでiPadだけでなくiPhoneなどiOSを使われている方にも共通ですので、owncloudと連携に興味のある方は是非トライしてみると良いかもしれません。


Macintosh ブログランキングへ


Linux ブログランキングへ


* 今回のこの記事の内容についてはowncloud公式記事を参考にしています。

1.iPad Air の「カレンダー」とowncloud の「カレンダー」を同期

 目的:iPad Air の「カレンダー」とowncloud の「カレンダー」を同期させる。
 設定:iPad Air の「設定」アプリに新たにアカウントを追加し、サーバとサーバパスを設定する。

 1)iPad Air の「設定」アプリを開きます。
 2)「メール/連絡先/カレンダー」をクリックします。
 3)「アカウントを追加」をクリックします。

IMG_0404

 4)「その他」をクリックします。

IMG_0406

 5)「CalDAVアカウントを追加」をクリックします。

IMG_1666

 6)「サーバ」、「ユーザ名」、「パスワード」、「説明」を入力します。

IMG_0407

ここで言う「サーバ」、「ユーザ名」、「パスワード」はowncloudのものです。
以下に例を示します。

 例)
  サーバ  :hoge.com
  ユーザ名 :taro
  パスワード:12345678

上記の様な例であれば、それらを入力します。

 7)サーバパス(アカウントURL)を入力する

上記の例で説明します。owncloud をインストールしたディレクトリが hoge.com/owncloud の場合を例にすると、サーバパスは以下の様になります。

 /owncloud/remote.php/caldav/principals/taro

「詳細設定」のSSLが「ON」でうまく行かない場合はSSLを「OFF」にしてポートを「80」にしてトライしてみてください。

 8)owncloud の「カレンダー」を確認する

09

owncloud の「カレンダー」を開いて画面左下の歯車アイコンをクリックするとCalDAVアドレスが表示されていると思います。これを確認して実際にiPad なりiPhoneのカレンダーから登録してみてください。owncloudに反映されるのに多少時間が掛かるようですが、反映されていることを確認します。

以上でiPad Airとowncloud のカレンダーの連携は終わりです。
では、今日はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です