僕だけのクラウドサービス ownCloud 8.0を使ってみるよ(5)

Home » 9300. クラウド サービス » 僕だけのクラウドサービス ownCloud 8.0を使ってみるよ(5)
2015-04-08 9300. クラウド サービス コメントはまだありません

こんばんは。

今日もowncloud について書きます。
シリーズ5回目の今回はowncloudの「外部ストレージ」について書いてみようと思います。
僕はDropBox,Google Drive,Evernote などのクラウドサービスを使っていますが、今回はowncloud 上でDropBoxを使う事を考えてみます。


Macintosh ブログランキングへ


Linux ブログランキングへ


はじめに「外部ストレージ」についてはowncloudのマニュアルにはGoogle Drive の設定方法が出ていますので、これを参考にDropBox でも同じ様に設定しました。

DropBoxのAPIキーとシークレットキーを最初に入手します。
入手先はこちらから

 1)最初に[App Console]を開いてがメイン右上にある「Create app」をクリックします。

 2)次に「DropBox API app」をクリックします。

17

 3)「What type of data does your app need to store on Dropbox?」と聞かれるので、[Files &
   datastores]をクリックします。

 4)「Can your app be limited to its own folder?」と聞かれるので、「Yes My app only needs access
    to files it creates.」をクリックします。新規にファイルを作成する必要なく既存のファイルの閲
覧だけなら「Yes My app only needs access to files it creates.」を選択します。

 5)「Provide an app name, and you’re on your way.」ではApp名を入力します。

 6)最後に画面右下の「Create app」ボタンをクリックします。

 7)以下の様な画面が表示されるので、画面真ん中あたりにある「App Key」と「App secret」をメモ
  するなりコピーするなりします。「App secret 」は「Show」をクリックすると表示されます。

27

 8)DropBoxのAPIキーとシークレットキーを入手したら、owncloud の「管理」-「外部ストレージ」よ
  り「ストレージを追加」をクリックし先ほど入手したAPIキーとシークレットキーを入力します。
  緑色のマークが付けば成功です。

13

以上でowncloud上でDropBoxを使う為の設定は終わりです。

owncloud の外部ストレージを確認します。こんな風に表示されると思います。

09

53

気になるのはサーバスペックの問題もあるのですが、表示に少し時間が掛かっているようです。
これでowncloud上から新規ファイルの作成をするとDropBoxにも反映されます。
あと余談ですが、僕はGoogle photo (Picasa)にあるアルバムをPicasaですべてダウンロードしてFTPを使ってアップロードしました。これによってGallery+ で写真を見れる様にしました。これで僕にとって必要な環境はEvernote を除いてすべてowncloud に移行できました。

では、今日はこのへんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です