参考文献

Home » 8000. 文献 » 参考文献
2017-05-14 8000. 文献 コメントはまだありません

参考文献

参考文献目録

American Psychiatric Association. (2014). DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引. 医学書院.

C. G. ユング. (1995). 自我と無意識 (レグルス文庫). 第三文明社.

Janet G. Travell MD, & David G. Simons MD. (1992). Myofascial Pain and Dysfunction: The Trigger Point Manual (0th 版). Lippincott Williams & Wilkins.

アーロン T. ベック. (1990). 認知療法 – 精神療法の新しい発展 (認知療法シリーズ). 岩崎学術出版社.

アメリカ心理学会. (2011). APA論文作成マニュアル 第2版 (第2). 医学書院.

エステール M. フィリップス, & デレック S. ピュー. (2010). 博士号のとり方 学生と指導教官のための実践ハンドブック (A5 版). 出版サポート大樹舎.

ジークムント フロイト. (1970). 精神分析入門 (角川文庫 (563)) (改訳 改). 角川書店.

ジークムント フロイト. (1977a). 精神分析入門 下 (新潮文庫 フ 7-4) (改). 新潮社.

ジークムント フロイト. (1977b). 精神分析入門 (上巻) (新潮文庫) (改). 新潮社.

ジークムント フロイト. (1996). 自我論集 (ちくま学芸文庫). 筑摩書房.

ジュディス・S・ベック. (2015). 認知行動療法実践ガイド:基礎から応用まで 第2版 -ジュディス・ベックの認知行動療法テキスト‐ (第2). 星和書店.

ジョン・D・オーティス. (2011). 慢性疼痛の治療:治療者向けガイド‐認知行動療法によるアプローチ‐. 星和書店.

ベアーコノーズ. (2015). カラー版 神経科学 - 脳の探求 - (Vols. 1–初版第4刷).

メリー M. グールディング, & ロバート L. グールディング. (1980). 自己実現への再決断 – TA・ゲシュタルト療法入門. 星和書店.

リチャード ゴードン. (2003). クォンタムタッチ – 奇跡のヒーリング技法. ヴォイス.

伊丹 敬之. (2001). 創造的論文の書き方. 有斐閣.

伊藤 和憲. (2011). 図解入門よくわかる痛み・鎮痛の基本としくみ (How‐nual Visual Guide Book). 秀和システム.

井上 令一四宮 滋子. (2010). カプラン 臨床精神医学テキスト (Vol. 第2版).

浦上 昌則, & 脇田 貴文. (2008). 心理学・社会科学研究のための 調査系論文の読み方. 東京図書.

奥 健夫. (2007). 意識情報エネルギー医学 – スピリチュアル健康学への道. エンタプライズ出版部.

奥村 晴彦, & 黒木 裕介. (2013). [改訂第6版] LaTeX2ε美文書作成入門 (改訂第6). 技術評論社.

河合 隼雄. (2003). 臨床心理学ノート. 金剛出版.

岩原 信九郎. (1965). 教育と心理のための推計学 (1965年) (新訂). 日本文化科学社.

宮川 純. (2014). 臨床心理士指定大学院対策 鉄則10&キーワード100 心理学編 (KS専門書). 講談社.

金沢 吉展 (編). (2004). 臨床心理的コミュニティ援助論 (臨床心理学全書). 誠信書房.

熊野 宏昭, 伊藤 絵美, & 杉山 雅彦 (編). (2016). 臨床心理学第16巻第4巻 – 認知行動療法を使いこなす. 金剛出版.

高野 陽太郎, & 岡 隆 (編). (2004). 心理学研究法 – 心を見つめる科学のまなざし (有斐閣アルマ). 有斐閣.

坂野 雄二. (2003). 認知行動療法. 日本評論社.

山鳥 重. (1985). 神経心理学入門. 医学書院.

山田 剛史. (2015). Rによる心理学研究法入門. 北大路書房.

山田剛史, 村井潤一郎, & 杉澤武俊. (2015). Rによる心理データ解析. ナカニシヤ出版.

讃岐 美智義. (2015). 最新 EndNote 活用ガイド デジタル文献整理術 (Vol. 第6版).

鹿取 廣人, 杉本 敏夫, & 鳥居 修晃 (編). (2011). 心理学 第4版 (第4). 東京大学出版会.

小此木 啓吾, 大野 裕, & 深津 千賀子 (編). (1998). 心の臨床家のための 必携 精神医学ハンドブック. 創元社.

小島 寛之. (2006). 完全独習 統計学入門. ダイヤモンド社.

小野寺 孝義. (2015). 心理・教育統計法特論 (放送大学大学院教材) (新訂). 放送大学教育振興会.

松井 豊. (2010). 改訂新版 心理学論文の書き方—卒業論文や修士論文を書くために (改訂新). 河出書房新社.

森 則夫, 杉山登志郎, & 岩田泰秀. (2014). 臨床家のためのDSM-5 虎の巻. 日本評論社.

森棟 公夫, 照井 伸彦, 中川 満, 西埜 晴久, & 黒住 英司. (2015). 統計学 改訂版 (New Liberal Arts Selection) (改訂). 有斐閣.

真島 英信. (1990). 生理学 (改訂第18). 文光堂.

成田 善弘. (1999). 心身症と心身医学 – 一精神科医の眼. 岩波書店.

精神療法編集委員会 (編). (2016). 精神療法第42巻第4号 – マインドフルネスを考える,実践する. 金剛出版.

西丸 四方, & 西丸 甫夫. (2006). 精神医学入門 (25th 版). 南山堂.

斉藤 孝, & 西岡 達裕. (2005). 学術論文の技法 (新訂). 日本エディタースクール出版部.

石丸 昌彦, & 広瀬 宏之. (2016). 精神医学特論 (放送大学大学院教材) (新訂). 放送大学教育振興会.

前田 重治. (1996). 図説 臨床精神分析学. 株式会社 誠信書房.

前田 重治. (2003). 続 図説 臨床精神分析学. 株式会社 誠信書房.

大熊 輝雄. (2013). 現代臨床精神医学 (改訂第12 「). 金原出版.

大塚 義孝 (編). (2004a). 病院臨床心理学 (臨床心理学全書). 誠信書房.

大塚 義孝 (編). (2004b). 臨床心理学原論 (臨床心理学全書). 誠信書房.

丹野 義彦 (編). (2004). 臨床心理学研究法 (臨床心理学全書). 誠信書房.

丹野 義彦, 石垣 琢麿, 毛利 伊吹, 佐々木 淳, & 杉山 明子. (2015). 臨床心理学 (New Liberal Arts Selection). 有斐閣.

中島 義明. (2014). 心理学辞典 (Vols. 1–初版第18刷).

田中 敏, & 山際 勇一郎. (1992). ユーザーのための教育・心理統計と実験計画法 – 方法の理解から論文の書き方まで (新訂). 教育出版.

嶋崎 恒雄. (2015). 心理統計〈2〉分散分析とノンパラメトリック検定 (現代心理学シリーズ). 培風館.

嶋崎 恒雄, & 三浦 麻子. (2015). 心理統計〈1〉記述統計とt検定 (現代心理学シリーズ). 培風館.

東京大学教養学部統計学教室 (編). (1991). 統計学入門 (基礎統計学). 東京大学出版会.

南風原 朝和. (2002). 心理統計学の基礎 – 統合的理解のために (有斐閣アルマ). 有斐閣.

南風原 朝和, 下山 晴彦, & 市川 伸一 (編). (2001). 心理学研究法入門 – 調査・実験から実践まで. 東京大学出版会.

馬場 礼子 (編). (2003). 臨床心理学概説 (放送大学教材) (改訂). 放送大学教育振興会.

平井明代. (2012). 教育・心理系研究のための データ分析入門. 東京図書.

木下 康仁. (2003). グラウンデッド・セオリー・アプローチの実践 – 質的研究への誘い. 弘文堂.

木澤 利英子. (2014). 臨床心理士指定大学院対策 鉄則10&キーワード100 心理英語編 (KS専門書). 講談社.

融 道男, 小見山 実, 大久保 善朗, 中根 允文, & 岡崎 祐士 (編). (2005). ICD‐10 精神および行動の障害 – 臨床記述と診断ガイドライン (新訂). 医学書院.

戈木クレイグヒル 滋子 (編). (2013). 質的研究法ゼミナール 第2版: グラウンデッド・セオリー・アプローチを学ぶ (第2). 医学書院.

齋藤 高雅. (2011). 臨床心理学特論 (放送大学大学院教材) (改訂新). 放送大学教育振興会.

齋藤 高雅, & 元永 拓郎. (2012). 臨床心理学研究法特論 (放送大学大学院教材) (新訂). 放送大学教育振興会.

鑪 幹八郎, 名島 潤慈. (2000). 心理臨床家の手引き (第1刷).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です