Emotion Regulation and Depressive Symptoms: Close Relationships as Social Context and Influence

Home » 3000. 論文 » Emotion Regulation and Depressive Symptoms: Close Relationships as Social Context and Influence
2017-05-15 3000. 論文 コメントはまだありません

Emotion Regulation and Depressive Symptoms: Close Relationships as Social Context and Influence

2 Author

Brett Marroquín, Department of Psychology, University of California, Los Angeles;
Contributor Information.
Address correspondence to Brett Marroquín, Department of Psychology, University of California, Los Angeles, 1285 Franz Hall, Box 951563, Los Angeles, CA, 90095. Email: ude.alcu@niuqorramb

3 Abstract

3.1 Background

Depression is associated with social dysfunction and maladaptive social environments, but mechanisms through which social relationships affect depressive psychopathology are unclear.
We hypothesized that emotion regulation (ER) is such a mechanism, with outcomes of individuals’ ER efforts sensitive to the social context, and individuals’ER strategy repertoire
and use sensitive to social influence. In Study 1, a longitudinal study of community adults (N = 1,319), associations of individuals’ ER strategies with depressive symptoms depended on
social connectedness and romantic relationship status (social context hypothesis).

Moreover, associations of social connectedness and relationship status with symptoms were accounted for by maladaptive ER concurrently and, for social connectedness,
prospectively over 1 year (social influence hypothesis). Study 2a, using a national sample (N = 772), replicated and extended these findings with a broader array of ER strategies,
and ruled out alternative explanations regarding social skills and psychological wellbeing.

Among participants in romantic relationships (Study 2b; N = 558), intimacy and trust buffered associations of maladaptive ER strategies with symptoms (context),
and maladaptive and adaptive ER mediated links between relationship variables and symptoms (influence). Findings suggest that close relationships—
and variation in underlying relational processes within relationships— influence the ER strategies people use,
and also affect whether individuals’ own ER repertoires contribute to depression when deployed.

Results elucidate core social mechanisms of ER in terms of both basic processes and depressive psychopathology, suggest ER is a channel through which social factors affect internal functioning and mental health, and inform relationship pathways for clinical intervention.

5 ホームページについて

このホームページは、うつ病の精神治療法を研究するための私自身のためのサイトです。私自身が覚えることが苦手、且つ、忘れっぽい性分なので備忘録として主に以下の内容のものを扱っています。どこにいてもこのホームページを閲覧することができるようにという目的でこのホームページを作りました。
 
 
ホームページの作成には、Emacs 25.1.1 を使い org-mode により HTML を生成しました。Emacs を使った理由として、Mac , Windows , FreeBSD などOSを問わずに編集出来ること、また、日頃の文書作成も Emacs を使っているため慣れ親しんだツールを使うことが何よりも使い易いためでもあります。このホームページは、大学、大学院で学んだ事柄を中心に私自身が日々の研究のために忘れないようにするための私自身の備忘録、或いは雑記帳の様なものですので、記載されている事柄について十分な確認や検証をしたものではありません。
 
 

  • 患者様のための情報提供サイトではありません。
  • 医師、看護師、その他の医療従事者のための情報提供サイトではありません。
  • 研究者、大学教職員、大学院生、学生のための情報提供サイトではありません。

 
 
したがいまして、このサイトは私のためのネットノートなので、読みにくかったり誤りもあるかもしれません。
その際はご指摘いただけると嬉しく思います。
このホームページに掲載している図表、画像、文章に関しての転載、複写は自由ですが、いかなる結果が生じても責任を負えませんことを予めご承知おきください.
 
 
なかなか、まとめが進んでおらずリンクが機能していないページがあったり、書きかけのページがあったりします. 日々、アップデートしております.

[2017-03-06 月] org-mode のバージョンが 8.3.6 から 9.0.5 へバージョンアップしました. 
 


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Valid XHTML 1.0 Strict


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です