Immediate effects of the Fukushima nuclear power plant disaster on depressive symptoms among mothers with infants

Home » 3000. 論文 » Immediate effects of the Fukushima nuclear power plant disaster on depressive symptoms among mothers with infants
2017-05-15 3000. 論文 コメントはまだありません

Immediate effects of the Fukushima nuclear power plant disaster on depressive symptoms among mothers with infants

1 Title

Immediate effects of the Fukushima nuclear power plant disaster on depressive symptoms among mothers with infants: a prefectural-wide cross-sectional study from the Fukushima Health Management Survey

2 Author

Aya GotoEmail author, Evelyn J Bromet, Kenya Fujimori and for the Pregnancy and Birth Survey Group of the Fukushima Health Management Survey
BMC Psychiatry201515:59
DOI: 10.1186/s12888-015-0443-8© Goto et al.; licensee BioMed Central. 2015
Received: 31 May 2014Accepted: 18 March 2015Published: 26 March 2015

3 Abstract

3.1 Background

Mothers of young children are at high-risk for developing adverse mental health effects following a nuclear accident. Using the Japanese pregnancy registration system, the prefecture of Fukushima launched a population-based survey of women who were pregnant at the time of the Fukushima nuclear accident in order to assess their and their newborns’ health. In this paper, we focus on the results of a screen for depressive symptoms among new mothers and its association with geographical region and interruption of obstetrical care after the Fukushima nuclear accident, which occurred after the Great East Japan Earthquake on March 11, 2011.

 

3.2 Result

Among the 8,196 women, 2,262 (28%) screened positive for depressive symptoms. After adjusting for maternal and infant characteristics, both mothers in Soso, the region in which the nuclear power plant is located, and mothers that had changed obstetrical care facilities were significantly more likely to screen positive for depression. In contrast, mothers in Iwaki and Aizu, regions with relatively low radiation levels, were significantly less likely to screen positive for depression.

3.3 Conclusions

Our findings suggest that improving mental health support for mothers with infants should be a high priority in the acute phase of nuclear disaster response. We further recommend that in the strategic provisioning of parental support, close attention should be paid to regional variations in negative mental health consequences, particularly to those who experienced an interruption in their obstetrical care.

5 ホームページについて

このホームページは、うつ病の精神治療法を研究するための私自身のためのサイトです。私自身が覚えることが苦手、且つ、忘れっぽい性分なので備忘録として主に以下の内容のものを扱っています。どこにいてもこのホームページを閲覧することができるようにという目的でこのホームページを作りました。
 
 
ホームページの作成には、Emacs 25.1.1 を使い org-mode により HTML を生成しました。Emacs を使った理由として、Mac , Windows , FreeBSD などOSを問わずに編集出来ること、また、日頃の文書作成も Emacs を使っているため慣れ親しんだツールを使うことが何よりも使い易いためでもあります。このホームページは、大学、大学院で学んだ事柄を中心に私自身が日々の研究のために忘れないようにするための私自身の備忘録、或いは雑記帳の様なものですので、記載されている事柄について十分な確認や検証をしたものではありません。
 
 

  • 患者様のための情報提供サイトではありません。
  • 医師、看護師、その他の医療従事者のための情報提供サイトではありません。
  • 研究者、大学教職員、大学院生、学生のための情報提供サイトではありません。

 
 
したがいまして、このサイトは私のためのネットノートなので、読みにくかったり誤りもあるかもしれません。
その際はご指摘いただけると嬉しく思います。
このホームページに掲載している図表、画像、文章に関しての転載、複写は自由ですが、いかなる結果が生じても責任を負えませんことを予めご承知おきください.
 
 
なかなか、まとめが進んでおらずリンクが機能していないページがあったり、書きかけのページがあったりします. 日々、アップデートしております.

[2017-03-06 月] org-mode のバージョンが 8.3.6 から 9.0.5 へバージョンアップしました. 
 


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Valid XHTML 1.0 Strict


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です