The affective profiles in the USA: happiness, depression, life satisfaction, and happiness-increasing strategies

Home » 3000. 論文 » The affective profiles in the USA: happiness, depression, life satisfaction, and happiness-increasing strategies
2017-05-15 3000. 論文 コメントはまだありません

The affective profiles in the USA: happiness, depression, life satisfaction, and happiness-increasing strategies

2 Author

Department of Psychology, University of Gothenburg, Gothenburg, Sweden
Department of Psychology, Linneaus University, Kalmar, Sweden
Network for Empowerment and Well-Being, Sweden
Center for Ethics, Law and Mental Health (CELAM), University of Gothenburg, Gothenburg, Sweden
Institute of Neuroscience and Physiology, The Sahlgrenska Academy, University of Gothenburg, Gothenburg, Sweden

3 Abstract

3.1 Background

The affective profiles model categorizes individuals as self-fulfilling (high positive affect, low negative affect), high affective (high positive affect, high negative affect),
low affective (low positive affect, low negative affect), and self-destructive (low positive affect, high negative affect). The model has been used ex-tensively among Swedes to
discern differences between profiles regarding happiness,depression, and also life satisfaction.
 
The aim of the present study was to investigate such differences in a sample of residents of the USA. The study also investigated differences between profileswith regard to
happiness-increasing strategies. Methods. In Study I, 900 participants reported affect (Positive AffectNegative Affect Schedule; PANAS) and happiness (Happiness-Depression Scale).
 
In Study II, 500 participants self-reported affect (PANAS), life satisfaction (SatisfactionWith Life Scale), and how often they used specific strategies to increase their own happiness
(Happiness-Increasing Strategies Scales).

 

3.2 Result

The results showed that, compared to the other profiles, self-fulfilling indi-vidualswere less depressed, happier, andmore satisfiedwith their lives.

Nevertheless,self-destructive individuals were more depressed, unhappier, and less satisfied than all other profiles.
 
The self-fulfilling individuals tended to use strategies related to agentic (e.g., instrumental goal-pursuit), communal (e.g., social affiliation), and spiritual (e.g., religion)
valueswhen pursuing happiness.

3.3 Conclusions

These differences suggest that promoting positive emotions can pos-itively influence a depressive-to-happy state as well as increasing life satisfaction.
 
Moreover, the present study shows that pursuing happiness through strategies guided by agency, communion, and spirituality is related to a self-fulfilling experience de-scribed as high positive affect and
lownegative affect.

5 ホームページについて

このホームページは、うつ病の精神治療法を研究するための私自身のためのサイトです。私自身が覚えることが苦手、且つ、忘れっぽい性分なので備忘録として主に以下の内容のものを扱っています。どこにいてもこのホームページを閲覧することができるようにという目的でこのホームページを作りました。
 
 
ホームページの作成には、Emacs 25.1.1 を使い org-mode により HTML を生成しました。Emacs を使った理由として、Mac , Windows , FreeBSD などOSを問わずに編集出来ること、また、日頃の文書作成も Emacs を使っているため慣れ親しんだツールを使うことが何よりも使い易いためでもあります。このホームページは、大学、大学院で学んだ事柄を中心に私自身が日々の研究のために忘れないようにするための私自身の備忘録、或いは雑記帳の様なものですので、記載されている事柄について十分な確認や検証をしたものではありません。
 
 

  • 患者様のための情報提供サイトではありません。
  • 医師、看護師、その他の医療従事者のための情報提供サイトではありません。
  • 研究者、大学教職員、大学院生、学生のための情報提供サイトではありません。

 
 
したがいまして、このサイトは私のためのネットノートなので、読みにくかったり誤りもあるかもしれません。
その際はご指摘いただけると嬉しく思います。
このホームページに掲載している図表、画像、文章に関しての転載、複写は自由ですが、いかなる結果が生じても責任を負えませんことを予めご承知おきください.
 
 
なかなか、まとめが進んでおらずリンクが機能していないページがあったり、書きかけのページがあったりします. 日々、アップデートしております.

[2017-03-06 月] org-mode のバージョンが 8.3.6 から 9.0.5 へバージョンアップしました. 
 


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 改変禁止 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Valid XHTML 1.0 Strict


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です